紅魔は疾風の如く!!

疾風の如き紅魔(自称)こと本山瞬夜が気まぐれで日々の出来事をつづる、暇つぶし的空間。「ゆっくりしていってね!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは基礎をしっかりと

ヒナ祭り祭りから1ヶ月。東方の二次創作で小説を書こうと思い、今年に入って4ヶ月も過ぎた・・・。

そう、俺は東方の小説を書きたかったんだ。そのためのキャラクターも考えてあるし、ストーリーの大筋もできている。
ではなぜ作業が進まないのか。
1つはキャラクターのセリフ1つ1つがどうもしっくりこないことだ。これは書いていくうちに腕を磨いていくしかない。
もっとも大きな問題は2つめ、自分(本山瞬夜)をこの小説内に登場させるか否かだ。
自分としては幻想入りしてみたいが、書くとなるとどうも実際の自分と大きくかけ離れてしまう気がしてならないのだ。それは自分に考え与えた能力のせいかもしれないし、ただ単に自分の理想形が現在より高すぎるだけなのかもしれない。
そこで、この記事を読んだ皆さんにはお暇ならこの悩みに答えてもらいたい。
回答は極めて簡単、こちらでは3つの選択肢を出すがそれ以外の回答も可だ。むしろそちらのほうに期待したい。
1つは「登場させない」もう1つは「理想形のまま登場させる」最期は「できる限り現在に近付けて登場させる」

自分の悩みは聞いてもらったところで、書こうと思っている小説について改めて(自分が復習する意味も込めて)説明しておこう。そのほうが回答もしやすいでしょう。

舞台は現代、2011年の幻想郷。時が進み幻想入りしたモノが増えたことで幻想郷の文化は大きく進化を遂げ、日本の年代で言うと昭和くらいにまで至った。
この時までに幻想入りしたのは外では不要となった電化製品や家具類だけでなく、人間も含まれる。
そして今日もまた幻想入りした人間が1人・・・。

文化の発展の仕方について詳しく言うと、
幻想入りしたものを河童orこーりんが拾う。
↓↓
(河童)→解体してその技術を手に入れ、新たな製品を生み出す。→村の人々などがそれを買い、普及。→文化発展
(こーりん)→修理などをして河童等に売る、もしくは自分のものに。
最初はこんな感じで発展していく。次第に霊夢などが金を稼ぐために自ら拾いに行ったりもするようになる。

昭和くらいとは言ったが旧式のパソコンくらいにあらあるし、同じく旧式の携帯くらいはある。
でも自転車やバイクはあっても自動車はない。そこまで幻想郷広くないし、車が山奥に捨てられてるの何田ほとんど見ないからね。あったとしてもぼろぼろ過ぎて修理の使用はないと思ったのでなしにしました。

ざっとこんな感じです。原作以外の登場人物については以前の記事を参考にしてくれる助かります。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。